【昭和の作家】三島由紀夫 没後51年イベント 「三島由紀夫を語る~愛された少女二人の思い出秘話」

1970年11月25日 三島事件から51年―

昭和を代表する作家・三島由紀夫と出会った二人の女性が

今宵、三島由紀夫を語りつくします。

2021年11月24日 17時~20時開催

「三島由紀夫を語る」

~愛された少女二人の思い出秘話~

<ゲスト>

松浦芳子(まつうら・よしこ)さん

昭和23年生まれ。元東京都杉並区議会議員。19歳の時、三島氏と出会う。夫は元「楯の会」初代学生長の持丸博氏。二男二女の母。

横山郁代(よこやま・いくよ)さん 昭和26年下田市生まれ。実家は老舗の日新堂菓子店(三島氏はここのマドレーヌがお気に入りだった)http://nisshindoshop.weebly.com/ 15歳の頃、三島氏と出会う。家業の傍ら、ジャズシンガーとしても活躍。

<司会・主催>
 

御手洗志帆(みたらい・しほ) 一社)昭和文化アーカイブス代表理事 昭和63年生まれ。20歳の時、三島文学に出会い、影響を受ける。「三島由紀夫生誕祭」を5年にわたり開催。テレビディレクターとして、「報道ステーション」にて特集「三島由紀夫 45年目の真実」(2015年)、「NHKスペシャル 50年目の青年論」(2020年)の制作に携わる。

参加費 3500円(1ドリンク付き)※食事は店内にて別途ご注文下さい

場所:東京・銀座タクト(〒104-0061東京都中央区銀座6-9-15タクトワンビル地下1階)

16時半開場 17時~開演<第一部>

少女二人が出会った三島由紀夫 対談没後51年 三島由紀夫が託したものとは

19時15分頃~<第二部>

サーシャ横山 ミュージックライブ

予約方法

メール:showa.archives@gmail.com 電話:090-7478-7507(昭和文化アーカイブス・御手洗)

上記いずれかに氏名、人数、連絡先をお知らせください。定員60名。料金は当日会場にてお支払いください。